シネマペロについて

about CinemaPero

喜怒哀楽の表情をスクリーンに映し出せば
それは言語を超えて
世界中の誰が見ても理解出来る映画言語となります
映画館のロビーから聞こえる笑い声
暗闇でのハラハラ、ドキドキ
エンドクレジットが終わった後の余韻
映画の原点に回帰した映画らしい映画を
シネマペロでは紡いで行きます

稲葉司プロフィール

広島生まれ。
14歳より8ミリ映画の製作を始め、
18歳までに8本の監督作品を撮る。

19歳より東京を拠点に8ミリ映画を撮り続け、
『サンディ』は東京・大阪・広島・高知にて上映される。

20代後半より活動を演劇制作に移し、
劇団『六文銭』のプロデューサーとして活躍。
10本の演劇公演をプロデュース。

1997年映画製作に復帰。

『はずみ』で初の劇場公開用映画を監督、プロデュース
2001年『ラヴィアン・ローゼ』プロデューサー、監督補
2005年『きみに会えて』監督、プロデューサー
2008年にシネマペロを立ち上げ。